気になる目やにと猫の病気との関係を探る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
1 / 1

大きくて丸い猫の愛らしい瞳、その魅力に惹かれて猫を飼い始めた人も多いかもしれません。猫の目はそれぞれに個性があらわれていて愛らしいパーツですが、健康状態が出やすい箇所でもあります。いつも顔を見ていても気が付いたら目やにが出ている…と気になってしまうこともあります。目やにの状態や色によっては、重要な猫の病気の前兆である場合もあるので、日頃からしっかりと観察しておくことが大切です。
今回は猫にとっての健康のバロメーターである目やにと、目やにの症状で考えられる病気など気をつけておきたいポイントを動物病院サプリ編集部がお届けします。

健康のバロメーター!猫の目やにと病気の関係

猫の目やにはどうして出るのか

猫の目やにが出るからといって、緊急で病院に行く必要ありません。人間でも目に異物が入ったときに涙を流し、寝起きには目やにが出るように、猫にだって生理現象の一つとして目やにが出るものです。目の粘膜に埃が張りつきゴミが侵入してきた場合、涙と一緒にそれらを外へと排出しようとする機能が備わっているのは猫も人間も一緒です。前述した行為により出た涙が目やにのもととなっている場合も多く、目やに以外の表情に特に変化がなければ深刻に考えすぎない方が良いかもしれません。

正常な目やにと病気が考えらる目やにがある

猫の目は水分や油分、粘膜によって埃や外敵から守られています。古くなった目の粘膜は代謝により外へと排出されるため、少量の目やにの場合は気にする必要はありません。しかし、目やにの量がいつもより多く、色がいつもと違う場合は、何かしら体に異変が起きている場合があります。大切なのは、猫にとっての目やには「気にしなくていい場合」と「病気のサインである場合」があるということを正しく知っておくことでしょう。

目やに以外には体の異変が起きていないか観察

目やにが病気の初期症状である場合、他にも何か体に異変が起きていないか観察してみましょう。食欲の減退はないか、体重が減っていないかなどに加え、特に目は症状が出やすいパーツです。健康なときだからこそ、しっかりと観察しておきましょう。目やに以外に、「目が充血していないか」「まぶたが腫れていないか」「目が開かず、辛そうではないか」「白く濁ってないか」「眼球に傷はないか」など、ポイントをおさえて観察することで異変を見つけやすくなるでしょう。

目やにの色や状態から探る猫の病気と対処法

目やにの色が黄色〜緑がかった色味の場合

正常な状態の猫の目やには、チョコレートのような茶色をおびた色をしています。なんらかの猫の病気が考えられる場合、目やにの色が黄色や緑色ががった色になっていないか注意してみましょう。これらの色の場合、他の猫との接触による細菌感染が考えられます。猫どうしの喧嘩で目に傷ができ、その傷口から細菌が侵入した場合でも目やにの色に変化が出ます。特に片目からしか目やにが出ないような場合、外的要因である場合がほとんどです。かかりつけの動物病院を受診して、早めに薬を処方してもらいましょう。

サラサラした白濁した目やにや、涙が止まらない場合

目やにの質がサラサラとした粘度の低い性質であったり、涙が止まらない場合は花粉などのアレルギー性の目やにである場合があります。人間も人によって体質が様々であるように、猫の体質にも個体差があるものです。比較的長く付き合って行くうえで、猫のアレルギー体質や癖は理解できるようになってきますが、花粉やアレルギーなどによるサラサラの目やにが続く場合は専門医に相談してみましょう。特に猫自身が目やにを気にしている場合は早めの受診をおすすめします。猫にとっても飼い主にとっても、心地よく暮らせるための策を探っていきたいものです。

正常な目やにが気になる場合は自宅で出来る対処法を

正常な目やにであれば特に気にする必要はありませんが、飼い主さんなら猫の顔に目やにが付着したままだと気になってしまうものです。そんな時はたっぷりと湿らせたコットンやティッシュで優しく拭き取ってあげましょう。この時くれぐれも眼球を傷つけないようにしてください。猫が嫌がる素ぶりを見せた場合、無理やり拭こうとせずに少しずつ様子をみながら拭くとをお薦めします。また、人間用のウェットティッシュにはアルコール成分が含まれているため猫の目やにを拭く際には使えないことを覚えておきましょう。

初期症状で目やにが出やすい猫の病気

目やにが続き涙が増えてきた場合

目やにが増え、涙をともなう症状の場合は、結膜炎や角膜炎を疑ってみましょう。目やに以外にも瞼が腫れる、かゆがる、などの症状がみられる場合があります。結膜炎や角膜炎は傷ついた粘膜から侵入したウイルス感染が原因で引き起こる猫の病気です。他の猫と接触した際に爪で目を傷つけられた場合に発症しやすいので、室内で飼っている猫を外に連れ出すときには十分注意しておきましょう。

目やにの量が増え、食欲減退を伴う場合

まず疑うべき病気は白内障です。人間の目の病気としても聞き馴染みのあるこの病気は、猫にも起こり得る病気の一つです。猫の白内障の場合、外的要因で怪我をしてしまったことから症状が進行する場合が多々あります。重症化してくれば、目が白濁し見えにくいようなそぶりを取るのでわかりやすいですが、そうなる前に発見してあげたいものです。初期症状として、いつもより目やにの量が増える、食欲が減退する、などの症状があるのでこれらの症状がある場合は、白内障を疑い動物病院で診察してもらいましょう。

鼻水やくしゃみを伴う場合

目やに以外にくしゃみを繰り返し、鼻水が出るなどの症状がある場合は猫風邪を疑いましょう。日常生活にひそんでいる様々なウイルスが原因で、猫も風邪をひいてしまうことが多々あります。特に空気が感染している冬場は、ウイルスが増殖しやすく猫風邪に感染してしまう可能性もぐっと高まります。風邪をひいてしまってからの治療ももちろん重要ですが、猫風邪をひかないために室内湿度を上げるなどして、生活環境を整えてあげることも重要なポイントです。

猫の目やには日頃から注意して観察

猫の目は、健康状態があらわれやすいパーツであることが分かりました。日頃からよく観察を続けておけば、少し目やにが出る程度であれば神経質になりすぎる必要はありません。しかし目やにの色や、症状が続く期間や頻度によっては、病気を疑った方がいい場合があることもたしかです。室内で飼っているし大丈夫だろう…と自己判断せずに少しでも不安に感じることがあったら、かかりつけの動物病院で原因を究明してもらいましょう。早期発見・早期治療が猫の病気を重症化させないための大切なポイントです。いずれにせよ、飼い主さんは猫の目やにと猫の病気に関する基礎知識を備えつつ、目やに以外にも異変がないかなど日常からよく観察しておくことが重要です。

1 / 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る