多くの猫が感染しているFIP(猫伝染性腹膜炎)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
1 / 1

あなたは、多くの猫が感染していると言われるFIP(猫伝染性腹膜炎)をご存じでしょうか? 猫の体内のコロナウイルスがある日突然変化したFIPウイルスが原因になっており、その引き金となるのがストレスなのではないかと考えられています。テリトリー意識の強い猫は、自分のテリトリーが脅かされるのではないかというストレスから、多頭飼いが原因になっているとも言われています。ここでは、予防注射の方法、治療法について動物病院サプリ編集部がお届けします。

猫好き必見!多くの猫が感染するFIP(猫伝染性腹膜炎)

FIP(猫伝染性腹膜炎)の概要

まず、FIP(猫伝染性腹膜炎)という病気の概要からお知らせしましょう。この病気は非常に多くの猫が感染していると言われており、割合としてペットショップなど多頭飼いの状況下にいる猫ならほとんどがかかっているということです。その原因は「コロナウイルス」で、このウイルス自体は悪さをしないのですが、ストレスなどが原因となって猫の体内で突然変異をします。この突然変異の原因は、いまだに不明と言われています。このウイルスに感染しても症状がない場合もありますが、血管や臓器に炎症を起こして腹水がたまったり、黄疸、高熱が起きることもあり、やがては死に至る確率も高い恐ろしい病気です。

FIP(猫伝染性腹膜炎)の原因

猫伝染性腹膜炎FIPの原因は、コロナウイルスが猫の体内で突然変化したものが原因です。コロナウイルス自体は、悪さをしないのですが、猫のストレスなどによって、体内のコロナウイルスが突然変異をし、腹膜炎を引き起こします。また、すでに感染している猫の吐瀉物や尿などに触れることによって、健康な猫も感染してしまうので、テリトリー争いのためにストレスが起きるので、多頭飼いは避ける、外でできるだけ遊ばさないなどの注意が必要です。

感染後の症状について

FIP(猫伝染性腹膜炎)の症状

コロナウイルスが猫の体内で突然変異することでかかるFIP(猫伝染性腹膜炎)ですが、この病気に感染するといったいどんな症状が出るのでしょうか?まず、コロナウイルスにだけ感染していてまだFIPに変異していない場合、無症状のこともあります。これがこの病気の恐ろしいところです。

FIP(猫伝染性腹膜炎)の症状がある場合

症状がある場合には、下痢や嘔吐、痩せる、多飲多尿、息が上がることもあります。また、血管や目に炎症が出る場合もあります。腹水がたまる、高熱、黄疸などの症状に進むこともあり、こうなると命の危険性も出てきます。腹水とともに胸水がたまる場合もあり、こうした水がたまるタイプは「ウエットタイプ」、水がたまらないタイプは「ドライタイプ」と呼ばれます。また、黄疸は白目や毛のない地肌の部分が黄色になります。

FIP(猫伝染性腹膜炎)の検査と診断の方法

FIP(猫伝染性腹膜炎)に感染したかどうか調べるには、まず猫の症状を観察し、上記のような症状をはじめ、いつもとあきらかに違う症状があれば、獣医さんに相談したほうがよいでしょう。腹水や黄疸の症状がある時は、FIP抗体の値を血液検査で測ります。蛋白が出ており、抗体の値が高ければ、FIP(猫伝染性腹膜炎)に感染しているのは確定となります。また、症状がない場合でも、FIP抗体の値を測ると高い数値が出ることもありますが、まだFIPに感染しているとは確定できません。その場合には、3ヶ月ほど期間を置いて再検査をします。一回目の時より値が高ければ、感染しているとの診断が下されます。

FIP(猫伝染性腹膜炎)の治療方法

用いられる薬物

FIP(猫伝染性腹膜炎)の治療として、まず血管が炎症を起こしている場合、ステロイド剤を使用します。また、抗生剤や抗ウイルス薬であるインターフェロンが用いられる場合もあります。インフルエンザなどでも突然変異したウイルスが危険なように、コロナウイルス自体は無害なのですが、それが猫の体内で突然変異することで、強力なウイルスに変化してしまいます。そのために、強い薬が必要となって猫にとっては体の負担となりますが、命を救うのが先決となりますので仕方がありません。

恐ろしい「ドライタイプ」の再発

FIP(猫伝染性腹膜炎)には、ウエットタイプとドライタイプがあり、腹水などがたまるケースはウエットタイプ、そうでない場合はドライタイプとなります。感染が発覚してから薬物を投与して治療をし、一時的に症状が良くなっても、ドライタイプの猫の場合は、再発して一気に症状が悪化し、亡くなってしまうケースも多いようです。特に、ドライタイプの再発の場合は、ステロイドを投与しても効果がなく、多臓器不全を起こしてしまうようです。回復したように見えても、一度再発するとそれを繰り返すケースも多いので注意が必要です。また、1歳以下の若い猫は、これにかかると数ヶ月で亡くなってしまうケースがほとんどなので、さらに注意が必要です。

FIP(猫伝染性腹膜炎)の感染を防ぐ方法

猫のストレスになる「多頭飼い」は避ける

FIP(猫伝染性腹膜炎)は、コロナウイルスが猫の体内で突然変異をして強力なウイルスになって感染する恐ろしい病気です。無症状の場合もあり、感染したコロナウイルスがまだ体内でFIPに変化していないならひとまず安心ですが、これからFIPに変化してしまう場合もあるので油断は禁物です。この病気の原因の1つに「多頭飼い」があります。猫は非常にテリトリー意識が高い動物なので、自分のテリトリーが他の猫によって侵されると思うと、それがストレスとなってしまいます。そのため、できるだけ多頭飼いを避けることが、猫のストレスを避ける方法と言えるでしょう。

できるだけ外で飼わずに室内で飼う

外で遊んでいる猫などは、無邪気にじゃれ合っている場合もあり、とても楽しそうです。しかし、この仲間の猫がすでにウイルスに感染していた場合、じゃれ合ったりすることで、糞便や唾液を介し感染してしまうこともあります。そのため、猫のためを思うと、できるだけ外で飼わないことも重要です。

日常的に猫の健康管理に気を遣う

体の不調があった場合でも、猫は言葉にしてそれを訴えることができません。普段より鳴き声がおかしい、うずくまっている、覇気がない、餌をもどす、下痢や便秘、嘔吐があるなど、いつもと違う症状がある場合には、すぐに獣医さんに相談するのがおすすめです。何よりも飼い主さんが猫の健康管理をしてあげるのが、猫にとってもいちばんの幸せです。

猫の病気で最も感染する可能性が高いFIPを防ぐ対策

FIP(猫伝染性腹膜炎)は、高い確率で感染している猫が多い病気です。しかし、中には感染していてもコロナウイルスだけに感染し、まだFIPには変異していない場合も多いものと思われます。ほとんどの猫が感染していると言われており、ある日突然、前触れなく症状が悪化するという可能性もあります。それだけに、猫のちょっとした変化を見逃さず、少しでも普段とはおかしな症状があれば、すぐに獣医さんを受診することをお薦めします。またそのためにも、前もってかかりつけ医を決めておくのが得策です。病気の時に獣医さんを探すのでなく、定期的に猫の健診などをしてもらいながら、獣医さんに普段の猫を診てもらいコミュケーションをとり、ちょっとしたわずかな変化にも気づいてもらえる場合もあります。FIPは感染力が強い病気ですが、飼い主さんが対策を取ることで、猫も健康的に暮らしていけます。

1 / 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る