多くの猫が感染しているFIP(猫伝染性腹膜炎)

多くの猫が感染しているFIP(猫伝染性腹膜炎)

あなたは、FIP(猫伝染性腹膜炎)をご存じでしょうか? 多くの猫の体内に存在する猫腸内コロナウイルスがある日突然変化したFIPウイルスが原因になっており、潜在的には多くの猫が発症する可能性を持っています。発症した場合治療が難しく、致死率の高い恐ろしい病気です。ここでは、FIPの予防法や、症状、検査、治療法について動物病院サプリ編集部がお届けします。

この記事の監修医師
佐藤獣医師 (都内動物病院勤務)

猫好き必見!多くの猫にリスクがあるFIP(猫伝染性腹膜炎)

FIP(猫伝染性腹膜炎)の概要

まず、FIP(猫伝染性腹膜炎)という病気の概要からお知らせしましょう。この病気の原因は「FIPウイルス」ですが、このウイルスは元々「猫腸内コロナウイルス」というウイルスが変異したものです。猫腸内コロナウイルス自体は弱いウイルスなのですが、ストレスなどが原因となって猫の体内で突然変異をしてFIPウイルスになります。ウイルスが突然変異し、FIPを発症する原因には未だ不明な点が多いですが、ストレスや免疫力の低下が関係していると考えられており、多頭飼育の猫、子猫や高齢の猫に多く発生します。また品種としては雑種よりも純血の猫に多く発生します。発症すると血管や臓器に炎症を起こして腹水や、黄疸、高熱など様々な症状が出てきます。

FIP(猫伝染性腹膜炎)の原因

猫伝染性腹膜炎FIPの原因は、猫腸内コロナウイルスが猫の体内で突然変化したものが原因です。変異していないコロナウイルスの感染では、無症状か軽い腸炎の症状がみられる程度ですが、、猫のストレスなどによって、体内のコロナウイルスが突然変異すると、腹膜炎など全身の炎症を引き起こします。

感染後の症状について

FIP(猫伝染性腹膜炎)の症状

コロナウイルスが猫の体内で突然変異することで発症するFIP(猫伝染性腹膜炎)ですが、この病気に感染するといったいどんな症状が出るのでしょうか?
症状は、発熱や元気消失、食欲不振、体重減少など他の病気と区別のつかないものであることも多いです。腹水や胸水がたまるタイプは「ウエットタイプ」と呼ばれ、呼吸困難がみられることがあります。水がたまらず内臓の腫れや瘤が中心となるタイプは「ドライタイプ」と呼ばれ、病変の生じる臓器により、嘔吐や下痢、けいれん、黄疸、目の異常など様々な症状がみられます。

FIP(猫伝染性腹膜炎)の検査と診断の方法

FIP(猫伝染性腹膜炎)を発症したかどうか調べるには、まず猫の症状を観察し、上記のような症状をはじめ、いつもとあきらかに違う症状があれば、獣医さんに相談したほうがよいでしょう。FIPの発症が疑われる時は、血液中のFIP抗体の測定など、様々な検査を組み合わせて診断が行われます。

治療の目的と用いられる薬物

FIP(猫伝染性腹膜炎)の根本的な治療薬は未だ開発されていません。症状を和らげるため、ステロイド剤などが用いられます。その他にインターフェロンや抗ウイルス薬などいくつかの薬物療法が試みられていますが、未だ効果が証明されたものはありません。但し、まだ使うことはできないのですが、現在新薬候補の開発が行われており、期待されています。

FIP(猫伝染性腹膜炎)の感染を防ぐ方法

過密な飼育やストレスの多い環境を避ける

FIP(猫伝染性腹膜炎)の発症にはストレスが関係していると考えられており、多頭飼育でリスクが上昇します。猫がそれぞれ自分の安心できるプライベートな場所を確保できる頭数で飼育すること、また清潔を保ち、おもちゃで遊んであげる等のストレス対策をすることが予防につながる可能性があります。

外で飼わずに室内で飼う

外で暮らしている猫は、猫腸内コロナウイルスをはじめ、その他の色々な病気の原因ウイルスに感染するリスク、また怪我をするリスクも非常に高くなります。外に出なくても退屈しないような環境を室内で整え、完全室内飼育をすることが猫の健康上非常に重要です。

日常的に猫の健康管理に気を遣う

体の不調があった場合でも、猫は言葉にしてそれを訴えることができません。普段より鳴き声がおかしい、うずくまっている、覇気がない、餌をもどす、下痢や便秘、嘔吐があるなど、いつもと違う症状がある場合には、すぐに獣医さんに相談するのがおすすめです。何よりも飼い主さんが猫の健康管理をしてあげるのが、猫にとってもいちばんの幸せです。猫腸内コロナウイルスは多くの猫が感染していると言われており、ある日突然突然変異して、前触れなくFIPの症状が出現するという可能性があります。それだけに、猫のちょっとした変化を見逃さず、少しでも普段とはおかしな症状があれば、すぐに獣医さんを受診することをお薦めします。またそのためにも、前もってかかりつけ医を決めておくのが得策です。病気の時に獣医さんを探すのでなく、定期的に猫の健診などをしてもらいながら、獣医さんに普段の猫を診てもらいコミュケーションをとることにより、ちょっとしたわずかな変化にも気づいてもらえる場合もあります。

佐藤 獣医師 都内動物病院勤務監修ドクターのコメント

FIPの診断は難しく、似ている症状でも他の病気であることも多いです。おかしいな、と思ったらまずは診察や検査による正しい診断を受けることが第一です。今までのところ、残念ながら発症してしまった場合の予後は厳しい病気ですが、早く見つけて治療を行うことで、少しでも猫ちゃんが楽に過ごせるお手伝いができればと思っています。
この病気についてはたくさんの研究者が研究を続けており、新しい情報が次々に発表されています。一日でも早くFIPを完治できる治療法が確立されることを期待しています。

 

監修ドクター:佐藤 獣医師 都内動物病院勤務