【猫の病気】皮膚の様子がおかしい!よくある症状&原因と対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
1 / 1

大切な飼い猫の皮膚に異変があらわれたとき、「何か病気では?」ととても心配になってしまいますよね。皮膚の疾患というのは目で見て明らかにわかる症状が多いため、動物病院を訪れる理由として最も多いと言われています。今回は、皮膚の状態からわかる猫の病気の種類、その原因や対処法について、動物病院サプリ編集部がお届けします。

いつもと違う!皮膚の症状5つ

普段は厚い毛で覆われている猫の皮膚ですが、実は人間の皮膚よりも薄くデリケートなのです。そのため、清潔に保たれていないとトラブルを招きやすく、放置すれば皮膚の病気になってしまう可能性もあります。もしあなたの猫に以下のような症状があれば、それは何かの皮膚疾患やトラブルのサインかもしれません。

かゆがる

猫が体の同じ箇所をなめたり、ひっかいたりする場合は、かゆみを感じていることがあります。猫は独特のざらざらした舌を持っていますから、なめることで皮膚の表面が荒れて、症状が悪化してしまうことも。

毛が抜ける

皮膚の病気によっては、脱毛を起こして皮膚が露出します。かゆみがある場合は、同じ場所をこすり続けたりなめ続けたりした結果、毛がなくなってしまう場合もあります。

フケやかさぶたがある

皮膚がカサカサに乾燥すると、フケが出てきたり、かさぶたのように分厚くガサガサの皮膚になったりします。

発疹やニキビがある

ブツブツとした発疹や、ニキビのようなできものができることがあります。赤みや腫れ、かゆみや痛みをともなうケースも見られます。

ただれやかぶれがある

皮膚がただれる症状を「びらん」と言います。ただれやかぶれがひどいと、化膿したり分泌物が出たりするため、毛が濡れることがあります。

皮膚の病気1~寄生虫性皮膚炎~

ノミやダニが猫の皮膚に寄生し、炎症が起きる寄生虫性皮膚炎。他の猫と接触したり、草むらを歩くことで感染します。くりかえし感染してしまわないためにも、殺虫薬を与えるほかに、猫が使用する部屋や寝具を清潔に保つことが重要でしょう。

ノミ症

寄生したノミの唾液に含まれる成分によってアレルギーを引き起こし、皮膚に炎症が出る病気です。強いかゆみや湿疹が首や背中、お尻にできるのが特徴。

対処法

アレルギー症状を緩和させる薬を投与しながら、ノミ退治のための薬も与えます。同時に猫が使うマットなど、周りのものを清潔に保つことで予防につながります。

ツメダニ症

ダニの一種であるツメダニが、主に背中や耳に寄生することで発症します。大量のフケが出るのが特徴で、人間にもうつり、激しいかゆみを引き起こすのでやっかいです。

対処法

人間に感染したとしても一時的な症状が出たあと自然に治癒していきます。しかし動物の場合は繁殖しながら症状がひどくなるので、殺ダニ効果のある薬剤を投与する必要があります。加えて飼育環境のこまめな掃除や消毒が大切です。

疥癬(かいせん)

疥癬の原因となるヒゼンダニには、主に猫同士の接触やブラシなどを共用することで感染します。強いかゆみや発疹、かさぶた、フケなどの症状を引き起こし、ひどい場合には背中から四肢にまで広がっていきます。

対処法

ダニ駆除剤を投薬します。または薬剤を溶かした湯に浸からせる「薬浴」も効果があります。再発を防ぐため、寝具などは清潔にしてください。

皮膚の病気2~アレルギー性皮膚炎~

アレルギー症状とは、アレルゲン物質に対し、自分の免疫が過剰に反応してしまうことで起きる炎症です。アレルゲンにふれている限り再発をくりかえすので、炎症をおさめる対処療法だけではなく、アレルギーの原因を見極め根本を絶つことが治療のカギとなります。

アトピー性皮膚炎

アトピーは、主に猫の顔や耳、首などに激しいかゆみや湿疹が生じる皮膚炎です。アトピー体質を持った猫が、花粉やハウスダスト、カビといった外部のアレルゲン物質に触れることで起こると言われています。

対処法

抗炎症剤や保湿剤などで皮膚の炎症をやわらげつつ、アレルギーの原因となる物質を特定し、それを避けて生活しなければなりません。花粉の多い時期の外出を控えたり、アレルゲンの可能性のあるものを部屋から取り除いたりといった回避策が有効です。

食物アレルギー

何か特定の食べ物を口にした後に、皮膚に湿疹やかゆみが出るのが食物アレルギーです。皮膚の症状だけでなく、嘔吐や下痢を伴う場合もあります。

対処法

アレルギーを引き起こす可能性のある食品を避ける「除去食」や、アレルギーの原因となる可能性がきわめて少ない食品を上手く取り入れていくといった療法で様子を見ましょう。

接触性アレルギー

何か特定の物質(金属やプラスチック、ゴム、カーペットなど)にさわった後、その部分に腫れやかゆみなどの炎症が起きるのが接触性アレルギーです。アレルゲンにふれた部分ならどこでも症状があらわれますが、毛の生えている部位は直接当たりづらいので炎症が起こりにくいと言われています。

対処法

数年かかってアレルギーを起こす場合もあることから、アレルゲンの特定は困難とされています。アレルギーを起こす可能性が高いと言われる物質を避けつつ、アレルギー症状の増減を注意深く観察していきます。

皮膚の病気3~細菌性皮膚炎~

細菌やカビによって皮膚に炎症が起こるのが細菌性皮膚炎です。こちらの多くは、始めに寄生虫やアレルギーなどの原因がひそんでおり、それらによって皮膚のバリア機能が低下したために細菌が過剰に増殖し悪化する、という二次被害的なパターンが多いと言われています。

白癬(はくせん)

白癬とは、真菌(カビなどを含む)の一種である皮膚糸状菌が、猫同士の接触などにより感染し、皮膚上に広がっている状態のことです。感染箇所が円形に脱毛するのが特徴で、かさぶたができることもあります。

対処法

感染箇所が広がれば外用薬や内服薬を使用しますが、免疫力が落ちたり弱ったりしていないなら、2か月ほどで自然治癒するとも言われています。抜け落ちた毛からも感染するので、掃除や消毒は徹底してください。日ごろから免疫力を高めるためにも、ストレスの少ない環境で育ててあげましょう。

膿皮症

普段から皮膚にある常在菌などが、免疫力低下などで過剰に繁殖し、炎症を起こす病気です。炎症部分が化膿してジクジクしたり、ニキビのようなブツブツができたりします。

対処法

猫の場合は何らかの基礎疾患がすでにあり、その二次的な感染として膿皮症が起こることがほとんどです。そのため、膿皮症の治療と並行して基礎疾患を治すことが大切になってきます。局所的な治療には抗菌薬や抗生物質の投与などがあります。

猫の皮膚に異常を感じたらまずは受診

ひとくちに「皮膚の炎症」と言っても、ホルモンの分泌異常で起こる脱毛や、皮脂の過剰分泌で起こる脂漏性皮膚炎、皮膚がんなど、上記以外にも実にさまざまな種類があります。しかし、症状はかゆみや発疹などどれも似たようなものが多いので、素人判断で病名を決めてしまうのは禁物。猫に異変が見られたら、こまめに&なるべく早く動物病院へかかるようにしましょう。

むやみに市販薬を使わないことも大事

自己判断で市販薬を買ってしまうと、全く効かなかったり病状が悪化したりすることもあります。結局最初から病院に行った方が猫のためにも金銭面でも良かった、なんてことにもなりかねません。病院の診察でしっかりと病名や原因がわかったあとで、補助的な役割として市販薬を用いるといった使い方であれば適切だと言えるでしょう。

1 / 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る