【2019年】神戸市灘区の動物病院♪おすすめしたい6医院

【2019年】神戸市灘区の動物病院♪おすすめしたい6医院

神戸市灘区で動物病院をお探しですか?

神戸市の獣医師会のホームページによると、会員になっている病院は神戸市灘区で6医院あるようです。当サイトでは加盟会員以外の選択肢も含めて、編集部がおすすめできると感じた病院を、写真、夜間や日曜日診療などの対応状況をふまえて、コメントとともにご紹介していきます。

※2019年6月現在の動物病院サプリ編集部リサーチデータとなります。

神戸市灘区で評判のおすすめ動物病院6医院!

ポルト動物病院

  • 駅徒歩5分

ポルト動物病院photo

東海道本線 六甲道駅 徒歩5分

兵庫県神戸市灘区稗原町1-4-16

診療時間
9:00~12:00
16:00~19:00

★:10:00~14:00、※学会、緊急手術等により診察時間の変更を行う場合もありますのでご了承ください。
【診療動物】
イヌ/ネコ

ポルト動物病院はこんな医院です

ポルト動物病院photo

ポルト動物病院は、JR神戸線「六甲道駅」より徒歩5分の場所にあります。気軽に頼れる病院として、ワンちゃん・ネコちゃんの怪我や病気に対応しています。平日は9:00~12:00、16:00~19:00(木曜日は午後のみ休診)、日・祝日も10:00~14:00まで診療されているので、何かあったら直ぐに相談出来ますね。ポルト動物病院は地域に密着し、飼い主の方から「話しやすい」「相談しやすい」雰囲気作りを努めていらっしゃいます。ドクターをはじめ、スタッフ全員の笑顔と元気が最大の強みで、活気ある雰囲気により、飼い主さんがどんなことでも気軽に尋ねられる、相談できる環境作りを心掛けられています。また飼い主さんの要望に少しでも応えられるように、眼科・皮膚科の専門分野のスキルアップにも励んでいらっしゃいます。親切・丁寧をモットーにしながら、ワンちゃん・ネコちゃんの日常的な怪我・病気に対する治療と専門的な治療の2つを兼ね備えた病院です。

ポルト動物病院の特徴について

出典:http://www.porto-animal.com/

・ワンちゃんの眼科疾患や皮膚疾患の治療に力を入れています!

人間と違い、ワンちゃんは言葉を話すことができません。そのためワンちゃんの病気を早期に発見するためには、飼い主さんがワンちゃんの行動やしぐさに対して、普段から注意しておく必要があります。ポルト動物病院では、ワンちゃんの眼科疾患や皮膚疾患の治療に力を入れているので、特にそうしたことでお悩みの場合に相談しやすいですね。またワンちゃんの病気の早期発見には、定期健診が非常に有効で、特に高齢のワンちゃんについては、ポルト動物病院では年に1回程度の定期健診をオススメしています。

・ネコちゃんの眼科疾患や皮膚疾患の治療にも力を入れています!

食欲がない・元気がない・水を頻繁に飲む・1回に飲む水の量が多くなったなどは、すべてネコちゃんから飼い主さんへ発せられたSOSである可能性があります。言葉にならないSOSを察知してあげることが大切です。ポルト動物病院ではネコちゃんの眼科疾患や皮膚疾患の治療に力を入れており、悩みに直ぐ対応して下さいます。またネコちゃんの病気の早期発見には、定期健診が非常に有効です。特に高齢のネコちゃんに対しては、ポルト動物病院では年に1回程度の定期健診をオススメしています。

・去勢・避妊手術にも対応しています!

去勢・避妊手術は、望まぬ繁殖を防ぐ以外にも、ワンちゃん・ネコちゃんを病気から守る意味でもとても大切な手術とされています。ポルト動物病院での手術の際には、基本的に全身麻酔を使用しています。全身麻酔に対しては、しっかりと安全面への配慮をされています。全身麻酔をすることで、よりしっかりとした処置を行うことが可能になり、術後の治りも良いという点があります。ほかにも動物の性格によって全身麻酔を使用した方が、余計なストレスを与えずに済む場合もあります。

もう少し詳しくこの動物病院のことを知りたい方はこちらポルト動物病院の紹介ページ

 リーフ動物病院

  • 駅徒歩10分

リーフ動物病院photo引用:http://www.leaf-ah.com/

阪急神戸線 王子公園駅 徒歩10分

兵庫県神戸市灘区赤坂通7丁目1-18 ル・ロワ赤坂1F

診療時間
9:00~12:00
17:00~20:00

☆:祝日は通常の曜日通りの診療となります。

リーフ動物病院はこんな医院です

リーフ動物病院photo引用:http://www.leaf-ah.com/

『リーフ動物病院』は、イヌ・ネコ・ウサギといったおなじみのペットたちの健康をサポートしてくれる人気の病院です。こちらは平成17年5月に開院され、新しい設備を導入している病院です。その名の通り葉の緑と木のぬくもりが感じられるナチュラルテイストな造りとなっていますので、デリケートな動物たちもリラックスして診療を受けることができると好評です。『リーフ動物病院』の魅力は、飼い主と動物たちの立場に立った丁寧な検査と動物の身体に負担の少ない治療です。平日はもちろん、土日・祝日も20時まで診療を受け付けていますので、急な事故や体調の変化にも迅速に対応できるシステムが整えられています。

リーフ動物病院の特徴について

・新しい医療器具でペットの身体をいたわる治療を実現しています!

一般的な外科的治療では、ペットの小さな体にメスを入れたり、縫合したりとそれなりの負担がつきものですね。術後の経過によっては新たな病気を引き起こしてしまうリスクも考えられ、飼い主さんにとっても胸の痛い選択を迫られる場面があるはずです。『リーフ動物病院』では、縫合の際に従来の糸を使わない新しい超音波手術システム『ソノサージ』を導入し、ペットの身体により負担の少ない治療をおこなっています。当システムは去勢や避妊、各種の腫瘍摘出など動物の身体には必要とされることも多い手術に適していますので、これから手術を考えられている飼い主さんにとっても有効な選択肢の一つとなるのではないでしょうか?

・『わんにゃんドック』で人と動物の絆を深めるお手伝いをしています!

小さな動物たちも人間と同じように、日々の健康管理が重要です。家族の一員として生活を共にしている飼い主さんなら、その必要性を感じながら適した相談窓口の存在を探されているのではないでしょうか?こちらの病院では、ペットの日常的な健康を管理する目的で『わんにゃんドック』という健康診断をおこなっています。ペットそれぞれの個々に異なる特性はもちろん、飼い主さんとのカウンセリングから愛するペットたちの隠れた病気を見つける有効な手段ともなります。気になる検査費用についても、事前に十分な説明をした上で実施されますので安心してお任せすることができますよ。

もう少し詳しくこの動物病院のことを知りたい方はこちらリーフ動物病院の紹介ページ

 もみの木動物病院

  • 駅徒歩10分

もみの木動物病院photo引用:https://mominoki-world.net/

阪急神戸線 王子公園駅 東出口 徒歩10分

兵庫県神戸市灘区泉通4-5-13

診療時間
9:00~11:30
16:00~19:00

☆:予約診療のみ。※午前診と午後診の間は検査・手術・往診となります。※年末年始は休診です。

もみの木動物病院はこんな医院です

もみの木動物病院photo引用:https://mominoki-world.net/

『もみの木動物病院』は、六甲山の南側に位置し王子動物公園などにも近い地域性と、獣医療に対する意識の高いスタッフが揃うことで人気の病院です。こちらの病院ではペットにとって苦痛の少ない治療を実践していることも特徴で、通院する動物たちの精神面にも配慮した対応をされている点もうれしいポイントです。イヌ・ネコ・ウサギやハムスター、近年高い人気を誇るフェレットなどから、小鳥などの小動物に対応し、手術から入院まで安心してお任せできる設備も整えられています。また、『予防獣医学』の観点からのしつけや食事・日常的な健康管理の指導なども好評で、専門知識豊富なスタッフが熱心にアドバイスしてくださることも魅力です。

もみの木動物病院の特徴について

・愛するペットの困った問題に獣医学のプロ集団が対応します!

『もみの木動物病院』の中核を担っているのが『予防獣医学』です。こちらには複数名の獣医師のほか、専門知識を習得した動物看護士とケアスタッフと呼ばれる『しつけ専属スタッフ』が多数在籍されており、ペットの年齢や生活環境にも配慮した丁寧なアドバイスが受けられる点でもおすすめです。また、ペットのクセや問題行動を適切に改善することによって、人と動物とのより良い関係づくりをサポートしてくださるなど、動物のホームドクターとして信頼のおける働きかけをされていることも特徴でしょう。

・連携医療でペットの健康を最大限に支える努力をしています!

こちらの病院でおこなっている獣医療は、外科・内科などのバランスに優れている点も特徴です。各分野の特性をフルに生かした手術や診療が自慢で、日々多くのペットたちがこちらで健康な生活を取り戻しています。さらに高度な治療や専門性が求められる症例については、大学病院をはじめとした適切な医療機関への紹介もスムーズですので、飼い主が落ち着いて対応できるメリットもありますよ。また、こちらはペットの誕生日に定期健診をおすすめするサービスをおこなうなど、アフターフォローに関しても手厚いところが魅力です。

もう少し詳しくこの動物病院のことを知りたい方はこちらもみの木動物病院の紹介ページ

 フォーゲル動物病院

  • 駅徒歩7分

JR東海道本線 六甲道駅 徒歩7分

兵庫県神戸市灘区高徳町5丁目1-1 常盤館1F

診療時間
9:30~12:30
17:00~20:00

フォーゲル動物病院はこんな医院です

イヌやネコなど、古くから人間の生活に密着した動物をコンパニオンアニマルというのに対し、ウサギやハムスター、また珍しい外来種や爬虫類・両生類はエキゾチックアニマルと総称されています。『フォーゲル動物病院』は、そんなエキゾチックアニマルの診療を得意としているペットのお医者様です。近年、エキゾチックアニマルをペットとして迎え入れる人は増えているものの、原産国とは異なる環境ゆえに体調を崩してしまう動物たちも後を絶たないようです。こちらは、そういった特殊な動物たちの外科的手術においても豊富な実績を持つ病院であり、遠方からも飼い主さんたちが集まる駆け込み寺的な存在となっているのが特徴です。ただし、サルの診療はおこなわれていませんので、その点はご注意くださいね。

フォーゲル動物病院の特徴について

・ドクターの専門分野がフルに生かされた診療が魅力です!

こちらの院長先生は、上田謙吾でありエキゾチックペット研究会および鳥類臨床研究会の理事でありエキゾチックアニマルの腫瘍外科のエキスパートです。鳥類はどちらの獣医師でも専門的な医療を提供しておりますが女性獣医師である上田亜希子獣医師が中心に鳥類の診察を行なっております。中でもエキゾチックアニマルと爬虫類の腫瘍に関しては、病理医とタッグを組んで研究を重ねておられるのが特徴で、外科的治療の実績も豊富な点が魅力ですよ。また、こちらではセカンドオピニオンにも積極的に対応されていますので、ペットにとって最善の治療を望む飼い主さんにおすすめの病院といえます。

・『小鳥』に対応できる数少ない病院です!

こちらの病院では、院長先生ご自身のプロフィールにも書かれているとおり「鳥類好き」ならではの特徴を生かした小鳥たちの診療にも力を入れておられます。は、「探してみて初めて小鳥に対応して下さるペット専門のお医者様が少ないことに気付いた」という飼い主さんの声もあり、高い技術と満足のいく治療に対しての評価が高い点も魅力となっています。また、こちらでは動物の種類によって完全分離の入院設備が整えられており、同時に小鳥専用の設備も完備されています。院内感染を気にするデリケートな小鳥たちを清潔で快適な空間で見守って下さるのはうれしいポイントですね。

もう少し詳しくこの動物病院のことを知りたい方はこちらフォーゲル動物病院の紹介ページ

 愛動物病院

  • 駅徒歩3分

愛動物病院photo引用:http://www.aiahp.jp/

阪急神戸線 王子公園駅 徒歩3分
JR東海道本線線 灘駅 徒歩8分

兵庫県神戸市灘区原田通1-2-18

診療時間
9:00~12:00
17:00~19:30

※12月1日~2月末日の診療時間は16:30~19:00となります。☆:第3日曜日は休診です。

愛動物病院はこんな医院です

神戸市民の憩いの場である王子動物園の向かい側に位置する『愛動物病院』には、動物たちを「大切な患者さん」として迎え入れてくれるアットホームな雰囲気があります。こちらはイヌとネコを専門に診療されており、予防接種や皮膚病など日常的に欠かせないケアに手厚いことでも人気です。一番の特徴は、ペットを『ライフパートナー』と位置付けられている姿勢です。動物たちの満足度は、そのまま飼い主さんの満足度にもつながると考えられており、日曜日の診療を開設するなど個々に異なるライフスタイルにも配慮した取り組みが魅力にもなっています。スタッフ全員が動物を心から愛するこちらでは、不安がるワンちゃんやネコちゃんもリラックスして診察を受けてくれると好評ですよ。

愛動物病院の特徴について

・動物を愛してやまないドクターの人柄が人気です!

こちらの院長先生は、ニワトリの獣医・外資系医療用具会社での勤務など、ちょっとユニークな経歴をお持ちのドクターです。その幅広い経験を生かしながら診療に取り組まれる明るいお人柄には根強いファンが多く、『愛動物病院』ならではの安心感によってペットを長く飼い続けられると感じている飼い主さんもたくさんいらっしゃいますよ。動物はピュアな心を持っています。そのペットたちが喜ぶ姿を見て安心しない飼い主はいませんから、無理のない治療を実践して下さるサポーター選びは重要ではないでしょうか。

・良心的な対応でサービス重視の診療をおこなっています!

小さな体とはいっても、一般に保険が適用されないペットの診察費用はそれなりに高額で、症例によっては飼い主の経済的負担がかさんでいくことも事実ですね。ペットたちを飼い主のライフパートナーと位置付けている『愛動物病院』では、良心的な料金設定もその魅力の一つと言えます。また、丁寧な検査に基づいて大掛かりな手術が必要となった場合などには、より専門性の高い関連機関へと紹介下さるなど、フォロー体制も十分に整っています。

もう少し詳しくこの動物病院のことを知りたい方はこちら愛動物病院の紹介ページ

 はりまや動物病院

  • 駅徒歩7分

阪神電鉄本線 新在家駅 徒歩7分
JR東海道本線 六甲道駅 徒歩10分

兵庫県神戸市灘区記田町5-6-15

診療時間
9:00~13:00
17:00~20:00

※診療時間・内容等について、事前に必ず医療機関に直接ご確認ください。

はりまや動物病院はこんな医院です

阪神線・新在家駅から徒歩で約7分の場所にある『はりまや動物病院』は、柔らかなレモンイエローの外観が目印です。イヌやネコをはじめ、ハムスターやモルモットといったご家庭でも人気のペットたちの健康を支える、地域に根ざした病院と言ってもいいでしょう。水曜日を除きほぼ毎日診療をされており、日曜日・祝日も午後1時まで対応して下さるなど飼い主の利便性に合わせたシステムも魅力です。こちらでは、一般診療から各種の外科手術まで対応が可能で、年間の手術数は約150件にものぼります。また、必要な場合には往診もありますので、ペットの体調に合わせた負担の少ない診療をお願いしたい飼い主さんにおすすめですよ!さらに、各種クレジットカードを利用した決済にも対応しているなど、急な場合の費用負担にも配慮されています。

はりまや動物病院の特徴について

・愛するペットの健康をトータルに応援します!

『はりまや動物病院』では、一般診療のほか各種の予防接種や健康診断にも柔軟に対応しています。また、ペットの体の健康だけでなく心の健康にも注目し、去勢や避妊手術に対しての理解も深いのが特徴です。動物たちが家族の一員であるからこそ、その心身の問題をトータルにとらえ、適切な治療やアドバイスをされる点はうれしいポイントですね!人にも動物にも優しいアプローチをされるドクターですので、初めての診察を考えておられる方にもおすすめの病院です。

・言葉を話せない小さな命を大切にします!

どんなに小さな命でもそれを粗末にしていい理由はありませんよね。それが飼い主さんの生活を豊かに・楽しくしてくれるものなら、なおさら大切にしたいと願うはずです。『はりまや動物病院』は、そういった飼い主さんたちの願いに応えるべく診療時間の設定や、対応できる治療の範囲も幅広いのが特徴です。言葉を発することのできない動物たちのSOSに寄り添い、不安や痛みの少ない治療を心がけられている点もおすすめのポイントです。

神戸市灘区周辺で夜間診療に対応している動物病院

神戸市灘区にも夜間診療している病院がありますが、カルテ登録している場合のみに時間外診療に応じて頂けるようでした。兵庫県と隣接している大阪に夜間診療を行っている病院があります。箕面市にある北摂夜間救急どうぶつ病院(電話:072-730-2199) は夜間対応時間:20時〜6時となっており、 東成区の大阪どうぶつ夜間急病センター(電話番号:06-4259-1212) は対応時間:21時〜5時と朝まで対応しているそうです。大切なペットの急病にも焦らないように情報として知っておくことをおすすめします。

神戸市灘区でおすすめの動物病院まとめ

病院には犬猫をはじめ小鳥や爬虫類など得意分野や対応範囲が異なることがあるので、事前によく調べることをおすすめします。特に病気の治療や手術に関しては、設備機材や経験の差もありますので、幅広い情報を得てから選択肢を増やすことが大切です。なかには難病に対応できる専門医資格を有した獣医師の先生も、広域で探すことで見つかるかもしれません。ご要望にあわせて、あなたにふさわしい病院を選んでください。